美白化粧水は紫外線でできたメラニンの対策ができるものが人気でおすすめ!

美白化粧水は種類が多くてどれにすればよいのかよくわからない!でも、刺激が強かったり肌に危険な成分の美白成分が入った化粧品は使いたくない!そんな肌を白くしたい方が選ぶ安全な成分でかつ美白効果が高い美白化粧水を紹介します。

 

美白効果が高いといっても目的やお肌の状態や質によって選ぶべき美白化粧水は異なります。
肌全体のトーンを明るくして白い肌になるための美白成分、部分的なシミを消したりこれからできるシミ予備軍「未来のシミ」を防ぐ予防美白が目的の美白成分など目的によって美白化粧水の成分は違います。

 

また、お肌が敏感な方は美白成分が肌に浸透しにくいため敏感肌用の美白化粧水を使用することが必要です。

肌を白く!おすすめの美白化粧水ランキング

ディセンシア サエル

 

ディセンシア サエルの美白化粧水は医薬部外品の安全な化粧水で、敏感肌で刺激を受けやすい肌の方でもピリピリしないおすすめの美白化粧水です。

 

サエルの特徴は肌にやさしいのに黒くなったメラニンを元の白い状態に戻す還元作用によって黒色メラニンを減らして肌を白く導きながら、アルブチン・ビタミンC誘導体のチカラで新しく作られるメラニン色素を抑制できることです。

 

シミ予備軍の対策をしたい方、今よりワントーン明るい白い肌を目指す方にイチオシの美白化粧水です。

 

フジフイルム アスタリフトホワイト

 

アスタリフトホワイトはフジフイルムの美白ラインです。
美白化粧水は美白成分をお肌に浸透させやすくするために潤いを与える役割を担っています。アルブチンやコラーゲンを配合し角質層のすみずみまで潤し、美白美容液、美白クリームの成分をよりお肌の奥に浸透させることができます。
アスタリフトホワイトの主な美白成分はビタミンC誘導体、アルブチンで安全な成分を使用しているので安心して毎日使うことができます。

 

POLA ホワイティシモ

>

 

ポーラのホワイティシモは大人のくすみ肌のための美白化粧水です。
肌がくすみ原因はメラニンだけではないことに注目し、年齢肌や乾燥による角質の乱れによる肌のくすみを改善しお肌の透明感を引き出します。
美白化粧水は乾燥して肌に合うものが今までなかったという方にもおすすめできる美白化粧水です。

 

美白の基本は出来るだけ日に焼けないことそして美白化粧水でスキンケア

髪の色は茶髪や黒髪などその時代で流行がありますが、肌の色は女性ならやはり白いのが一番好まれますし流行に左右されない部分だと思います。
春夏には白い肌が爽やかに映え、秋冬も白い肌が暗めのファッションで引き立つように、美白をして年中綺麗な白い肌でいたいものです。

 

そのためにはやはり、年中美白対策をしておくのがベストです。美白には基本的なことですが、出来るだけ日焼けをしない事が一番です。春夏だけでなく秋冬も欠かさず日焼け止めを塗ることが大切です。意外と秋冬は日焼け止めを塗らない人が多いので、1年だけでも継続するだけでかなり色白になったと感じられるはずです。
また、日焼け止めは夏場は特に小まめに塗り直しをする事が必要です。一度塗っただけでは甘いので、定期的に塗るように気をつけましょう。

 

日に焼けてしまったら

出来るだけ日焼けしないように気をつけることが美白の基本ではありますが、当然のことながらいつも日差しがない場所にいられるわけではありません。
レジャーはもちろん、突然の外出や思わぬ紫外線にさらされてしまう事もあります。

 

日焼けしてしまった後、もうダメだと落ち込む前に適切な対処をする事が大切です。
日焼け後の肌は赤くなってヒリヒリしたり痒くなったりしますが、いわゆるやけど状態に近いのでまずはしっかり冷やしてあげる事が適切です。氷を包んだタオルなどを乗せてしばらく放置し、肌が落ち着いてきたら刺激の少ない美白化粧水や乳液をたっぷりと塗り込んでいたわってください。

 

その後は保湿重視のスキンケアをしてあげることと引き続きメラニン対策のできる美白化粧水で毎日ケア、そしてビタミンを多く含む食材を食べたりゆっくり体を休ませる事で体の内側からもケアしてあげましょう。正しいケアをしてあげて肌トラブルを抑え、また美白に近付くようにケアを続ける事が大切です。

 

シミが出来てしまったら・・・シミ消し対策のできる成分が配合された美白化粧品で毎日ケアしていきましょう!
シミを消すおすすめの化粧品ならこちらを参考に!

シミを消す美白化粧品

更新履歴